文化・芸術

2017年12月27日 (水)

あれから五年 断捨離 について

あれから五年 断捨離 について
 死ぬまで治らない不治の病、
 古物狂人(こぶつきょうじん)齋藤 順一

Pc270038

平成24年6月26日(火)のブログをご紹介いたします。
タイトル 玉石混交
                             
古物狂人(こぶつきょうじん)  齋藤 順一
                                             
      今リサイクル市場が面白い! 各地域で盛況を呈しております
    リサイクル 店は、 全国店舗展開をしている事業者、個人的店舗経営
    と形態は様々ですがいずれも其の商品群は、日用雑貨から家電、家具
    衣料品等ありとあらゆるリサイクル商品が展示販売されております。
    限りある資源を想いますとこの資源の再利用は地球環境に大変優しい
   事と歓迎いたします。

Pc200003

紅糸硯(山東省青洲)130mmX90mmX20MM(八街W店 ¥650ー)
     私は、常日頃よりこのリサイクル店ファンの一人で有ります。
    以前は、美術館、古美術商、骨董市場めぐり等を全国各地域へ
    行っておりましたが、今はどの様な訳か地域のリサイクル店
    巡りが大好きに成りました。
    本日も地域のリサイクル店巡りへ出発です。
    私のリサイクル店巡りの自分のへの決め事は、必ず一人で店へ行くこと、
    そして其の価値判断は品物の第一印象を信じ深く考えない事、この2点を
    守り買い物を致します。なぜかと言えば其れは大勢で買い物に行くと
    品定めに集中できない、そして其の品物を深く考えるより直感の方が
    (経験値により)良い品物が選択できるからである。

深川製 帯止(宮内庁御用達伊万里)60mmX30mmx10mm
(K18金製の留め金具が粋です) 
       今のリサイクル店の値付けの現状は、多種多様の品物に対し大型店
    等は、元値の何パーセントで買取(経年状態加味)の様に担当者の誰
   でもが値付けでき、 買取の金額もマニュアル化されているようです。
    個人的店舗経営の値付けも専門的な分野以外は、多様な商品には
    オールマィテーでは有りませんので値付けが変則的な場合が多く
    見受られるのも事実です。

翡翠印材(文房飾りの必需品)60mmX60mmX20mm
    買う側の理論として、安くて気に入れば買う、気に入っても高ければ
 買わない お金は私のもので、商品は店のものなのですから値付けは
 自由です。しかし、ものの価値は、時代的経済的背景等により日々変化
 するもので致し方ないとすれば其れまでですが、歴史的、文化的、
 美術的等の価値のあるお宝が、日用雑貨のコーナーに混入販売され
 て居るところに、憂いと驚きとを感じる所です。
    観かたを変えるればリサイクル店巡りの面白さ(玉石混交)は、
    正に ここに有る。
 象牙ネックレス(ボリュム満点)長さ57CM 玉 最大2CM

歴史的、文化的、美術的等の価値のあるお宝の宿命は、個人が、
  法人が、国家が、いかにどの様な方法で努力してもこれらのお宝は、
  一箇所に永遠に保存管理することは叶わず、分散する宿命であるもの
  が美術品である。
   
本日は歴史的、文化的、美術的な価値のあると思えるお宝(玉か石かは
  不明)が、4点がゲットされました。
    これからこのお宝を歴史的、文化的、美術的等の検証をするのが楽しみ
  です。  今後も地域のリサイクル店巡りが続きます。
 
上記の頃は、死ぬまで治らない不治の病の絶好調でした。
  その後、少し反省して、ものにこだわらない人生を勉強致しております、
  しかし、この時期に成りますと病が再発いたします、(暮れの大掃除の
  物の処分の為美術品が捨てられる。)又、お宝発掘の旅です。

Pc200008

Pc200007

Pc200006
八街市A店、 数万点のリサイクルの商品群より発見いたしました。
  其れは、瀬戸馬の目皿 (時代江戸後期)発見です。
  能書きを申し上げますが、瀬戸馬の目皿は正しい名称では御座いません。
  しかしながら、俗称が市民権を得ての呼名となったのは致し方御座いません。

正しい」名称は、瀬戸渦巻き文石皿です。何故馬の目なのかは、裏の文様を
  ご覧い頂ければご理解いただけます。
  皿裏の文様が馬の目のように釉薬で表現されているからなのです。

Pc200013
Pc200011
因みに、古伊万里収集家に人気のソバチョコ(蕎麦猪口)も、
 御座いません、江戸時代に蕎麦猪口は存在致しません、本来は向こう付けです。
 何時のまにか、俗称が市民権を得て蕎麦猪口と言う様です。

その他冨里B店の発見は、和装小物 珊瑚帯留め、萩焼深川窯十三代泥華酒器等でした。

Pc210028
Pc210027
来年こそは、断捨離が実行出来ます様 努力いたします。

2017年4月22日 (土)

堂々完成 横芝光町文化遺産ガイドブック(三巻)

堂々完成 横芝光町文化遺産ガイドブック(三巻)

横芝光町教育委員会   発行 
社会文化課 生涯学習班 
文化財担当 通澤 明氏 執筆 編集

 本書の特徴は、従来の代表的町文化財紹介マップにと

どまらず、さらに天然記念物及び史跡等きめ細かな案内

がなされており、町内散策時の観光ハンドブックとして

も活用できるところです。

Imgp3244

横芝光町文化遺産ガイドブック1
縦21cmX横14.5cm 100P
(JR横芝より西へ本町上町そして北へ向かい長倉,
  中台栗山川を見ながら

   駅へ帰るコース)

Imgp3241_2

横芝光町文化遺産ガイドブック2
縦21cmX横14.5cm  78P
(横芝駅を東へ、更に栗山川東の大地の道を)

Imgp3242

横芝光町文化遺産ガイドブック1
縦21cmX横14.5cm  77P
(九十九里平野の道を辿ります)

Imgp3243
 

 光町文化財講座から歴史ロマン研究会の活動まで20

年もの長きにわたり調査研究の集大成として発刊誠にお

めでとうございました、心よりお祝いを申し上げます。

                                 一般社団法人  横芝光町観光町づくり協会
                                                フォト活用事業部 齋藤 順一 

2017年2月26日 (日)

坂田城跡梅まつり 二日目 大盛況

坂田城跡梅まつり 

開催期間   平成29年2月25日(土)~3月12日(日) 9:00~15:00

主催          横芝光町観光協会 (共催 梅林組合 商工会)

7644

Imgp7636

Imgp7637

Imgp7643

Imgp7648

  2月26日(日)、坂田城跡梅二日目大盛況。

Imgp7654

Imgp7664

Imgp7665

Imgp7669

Imgp7675

Imgp7686

春前柳葉銜春翠 雪裏梅花帯雪妍 

<春前の柳葉春を銜(フク)みて翠に、雪裏の梅花雪を帯びて妍なり>

 まだ春を迎えぬ柳の葉は春まえから翠を帯び、

 雪中の梅花は雪をつけて一しお美しい。

Photo

本日のお客様数約3.500名でした。

Imgp7717

Imgp7719

ご来場有り難うございました。

2016年5月31日 (火)

横芝光町 随想誌 地下水 第18号 企画展を終えて

町民ギャラリー企画展「江戸後期志田窯染付皿展」を終えて

(横芝光町 随想誌 地下水 第18号 企画展を終えての寄稿より)

 横芝光町教育委員会の主催により、平成27年6月6日から7月20日までの間、横芝

光町立図書館2階町民ギャラリーにて、「幻の青い皿」と題して、江戸時代後期志田窯

染付皿展が開催され、私の収集品である志田焼皿を、展示品として提供させていただき

ました。展示会は盛況のうちに終了しましたが、私自身、展示会を通じて、陶磁器の

素晴らしさを再確認しました。

Photo

001_2

 陶磁器とは、土を練り固め焼いて作ったものの総称のことをいい、単に「焼き物」などと

言ったりします。一般的には、轆轤(ろくろ)などで土を成形して、絵付けなどで装飾を施

し、釉薬(うわぐすり)をかけた上で、高温の窯(かま)で焼きあげて作成するものです。

そして、染付(そめつけ)磁器とは、白色の素地に呉須(ごす)(酸化コバルト)を顔料と

して絵付けし、透明な釉薬をかけて焼いた陶磁器のことをいいます。窯焼きにより呉須

が青色に発色することで、白色と青色のコントラストが鮮やかな図柄が浮かび上がりま

す。染付磁器は、この鮮やかな発色にその特徴があります。

Imgp0250

 今日、私たちは、日常使用する陶磁器の中に、染付磁器を頻繁に目にします。

それ程、白と青のコンビネーションは、人々に愛され、生活に溶け込んでいるのです。

思い返せば、が陶磁器の収集を始めたのも、この白と青のコンビネーションに惹きつ

けられたからでした。

 今回提供させていただいた染付磁器は、かつては、江波焼と呼ばれ、現在の広島県

で焼成されたとされていたもので、骨董的価値が低いとされ、コレクターの間で取り

上げられることがほとんどなかった焼き物ですが(「幻」と言われる所以です。)、後の

研究により、伊万里(現在の佐賀県嬉野市で焼成された志田焼)であることが判明し、

近年、注目を集めているものです。

Imgp1682

Imgp1706

 今回の志田焼皿は、文化・文政時代から幕末時代にかけて生産されていた比較的

若い年代の焼きものですので、コレクションアイテムとしての人気は、初期伊万里、

藍九谷、藍柿右衛門、鍋島等に水をあけられている向きもありますが、その呉須の

青色の発色の美しさは、これら名陶に勝るとも劣らないものと考えます。

 江波焼と呼ばれていた当時から、私は、この陶磁器に、伊万里と同様の美しさを感じ、

収集に励んでいたものです。陶磁器の美しさはそれがどのように分類されようが、手に

取る者を魅了します。

Imgp1707

Sany0070

 今回の展示会では、72点の志田焼皿が展示されました。展示構成として特徴的だっ

たのは、一部の皿の後方に、皿に描かれたモチーフに対応したモチーフが描かれた

山水画を同時展示した点です。陶磁器と絵画との融合により、志田焼皿の魅力が一層

引き出されていたと思います。

 また、作成された図録は、フルカラーA4版42頁の冊子ですが、その掲載写真は

一つ皿を3つの角度から撮影したものであり、皿の裏側まで確認できるようになって

いる上、その写真に付された解説は詳細かつ的確なものです。陶磁器の写真集として

楽しめるというだけでなく、学術的にも価値のある仕上がりになっているのではないで

しょうか。

Sany0076

Sany0074

 今回の展示会は、千葉日報のみならず、志田焼の焼成地である佐賀県の地元紙

佐賀新聞においても紹介されました。また、図録は、佐賀県武雄市教育委員会及び

佐賀県嬉野市志田焼の里博物館へ寄贈されています。個人の趣味である陶磁器

収集活動が、地域間の文化交流にまで発展したことは、感動を覚えると同時に率直

に嬉しく感じました。

Sany0119

Sany0077

 何より、収集品を一般の方々に展示していただくということは、陶磁器収集家冥利に

尽きるものです。今回、展示会を企画していただいた横芝光町社会文化課学芸員の

道澤明氏初め、展示会の運営等に御尽力いただいた皆様並びに展示会にお越し

いただいた皆様に感謝申し上げます。

2015年6月 9日 (火)

横芝光町民ギャラリー企画展のご案内

御挨拶  いつの頃からか,その素朴な美しさに惹かれ,陶磁器を収集することが趣味となりました。もとより専門知識はありませんでしたので,自分自身が感覚的に美しいと感じるものを集めることとしていました。  今回提供させていただいた作品は,かつては,江波焼と呼ばれ,現在の広島中区江波二本松付近の窯で焼成されたとされていたものですが,後の研究により,伊万里(現在の佐賀県嬉野市で焼成された志田焼)であることが判明したものです。当時,私は,江波焼と呼ばれた陶磁器に,伊万里と同様の美しさを感じ,収集に励んでいたものです。陶磁器の美しさは,それがどのように分類されようが,手に取る者を魅了するものです。  今回の作品群には,すべて,吉祥文様(縁起が良いとされる動植物等の図柄)が描かれており,その構図は,ユーモアの中に時代の息吹を感じさせます。陶磁器は時代を映す鏡です。当時の民衆の息遣いを感じとっていただければ幸いです。 平成27年6月吉日 齋藤 順一 横芝光町民ギャラリー企画展のご案内 開場時間  9:30~17:30 月曜日休館  場所 横芝光町立図書館2階(横芝光町宮川11917) 町民ギャラリー 主催 横芝町教育委員会 TEL 0479-84-1358

2015年2月15日 (日)

本日、追悼茶席、銘 あけぼの 訃報

本日、追悼茶席、銘 あけぼの 訃報

Sany0001_640x480

Sany0002_640x480

Sany0004_640x480

土岐市水野 澤三氏 (みずの・たくぞう土岐市指定無形文化財「瀬戸黒の技法」)

Sany0005_640x480

Sany0007_640x480

Sany0008_640x480


Sany0010_640x480

2月7日(土曜日)午後5時13分、 肺炎のため、多治見市前畑町の県立多治見病院で死去、87歳。 陶芸家  水野 澤三みずの たくぞう 苗字:水野(みずの) 名前:澤三(たくぞう) 窯名:陽山窯(ようざんがま) 性別:男 生年:1927年(昭和2年丁卯) 歿年:2015年(平成27年乙未)2月7日 享年:87歳 生誕:87年 歿後:0年 時代:昭和~平成 地域:日本 生地:岐阜県土岐市 没地:岐阜県多治見市 師匠:加藤景秋 富本憲吉 分野:陶芸家 得意:志野 瀬戸黒
Sany0012_640x480


Sany0013_640x480

2015年2月 5日 (木)

横芝光町の魅力発見!観光フォトコンテス作品掲示

横芝光町の魅力発見!フォトコンテス作品発表準備

(平成27年2月4日11:00、 準備の状況)

横芝光町立図書館ロビーに展示
横芝光町観光協会主催

Sany0136


Sany0137

Sany0138_2


Sany0141

 

2015年1月25日 (日)

民族風土記

民族風土記


横芝光町鳥喰地域の御奉射の記録

 1、鳥喰下の男御奉射

実施期日・平成27年1月13日(火)12:00~
於ける・鳥喰下共同利用施設
本年当番組合は第一組合です。
参加人数  28名

 鳥喰の5地域の総鎮守、熊野神社と
鳥喰下の鎮守八幡神社の大祭行事として、
氏子の安全と五穀豊穣を願い、毎年1月13日に
(本来は、旧正月の1/15)3組合輪番制で、行われる。
近年は、御奉射に300年の歴史ある太神楽の
平獅子が奉納される様になった。
(本年インフルエンザの為奉納中止)

Imgp9848_425x640


 共同利用施設の庭のポールには、武徳陣千載
(武徳千載に輝く)水巻尚乗謹書 鳥喰下真正部
明治27年(1896年)6月作と大書された幟が、
春風になびいておりました。
 
 

 2、鳥喰上・男御奉射
実施期日・平成27年1月13日(火)13:00~
於ける・鳥喰中央集会所
参加人数  28名

Imgp9892_640x425

 3、鳥喰大六天・御奉射
実施期日・平成27年1月14日(水)12:00~
於ける・鳥喰大六天集会所
参加人数  26名
Sany0006


 4、鳥喰上・女御奉射
実施期日・平成27年1月15日(木)12:00~
於ける・鳥喰中央集会所
参加人数  17名
Sany0014


 5、鳥喰沼の御奉射(神明社奉射)
実施期日・平成27年1月16日(金)12:00~
於ける・鳥喰沼共同利用施設
参加人数  17名
Sany0027_2


 6、鳥喰下の女御奉射
実施期日・平成27年1月20日(火)12:00~
於ける・鳥喰下共同利用施設
参加人数  38名

Sany0072

 7、鳥喰新田の女御奉射
実施期日・平成27年1月24日(土 )12:00~
於ける・鳥喰中央集会所
参加人数  16名
Sany0003

 8、鳥喰新田の男御奉射
実施期日・平成27年1月25日(日)12:00~
於ける・鳥喰中央集会所
参加人数  27名
Sany0018_2

(記録責任者 齋藤 順一)

伝統文化とは、

伝統文化とは、世代を超えて受け継がれた精神で御座
います。

今後も、普遍的な価値と精神性、歴史的な存在意義とし
ての継承、伝承をしていかなければならないと強く感じ
ます。
 伝統文化の理解は最小単位として個人、個人の集合で
家、家の集合で地域社会その集合で国家へ そして国際
社会へと通じるものと確信致しております。
 又、異文化に対し協調し理解を高めることが重要と考
えます。
それには、まず自らの地域の伝統や文化を充分理解する
こと。そしてその様な町民の育成等により、国際社会に
通じる人材が必ず将来横芝光町の地域活性化の要の人材
になると確信致します。
横芝光町地域の伝統文化の資源活用を切望致します。
  以上で質問を終了とさせて頂きます。有り難う御座い
ました。(平成26年12月横芝光町議会一質問より抜粋)

横芝光町無形文化財鳥喰下太神楽保存会

                 会長 齋藤 順一
https://www.youtube.com/watch?v=ucw4cZrskwM

 

 

2014年12月16日 (火)

消滅危惧団体の鳥喰下太 神楽保存会について

  1. (5)横芝光町の無形文化財の活動状況と現状は、(12月議会一般質問より抜粋)  

 Q 絶滅危惧種でなく→消滅危惧団体の鳥喰下太 神楽保存会について詳しく申し上げますと、現在、鳥 下太神楽保存会は、会員数9名、平均年齢約65歳以 上 現在後継希望者無しです。 A、歴史 起源の記録は御座いませんが、言い伝えに 寄りますと、江戸時代中期頃より約300年間以上、  戦後一時期活動が途絶えるも~ S56年6月24日町無形文化財に指定され本年で33 年、文化遺産を守り後世に伝えると共に、地域社会の文 化、住民意識の向上の貢献を目的に活動してまいりまし た。明治、大正、昭和の町村の主要な公共施設の落成式 等には、当地区の神楽の平獅子にてこけら落としが行わ れたようです。  B、活動と実績 ★太神楽の資料調査等の研究、月3 ~4回程   度の稽古、 ★S63年~H5年まで6年間、小中学生の子供囃子連 の後継者育成、大きくなってもこの地域を思い出せたら の目的により実施、 ★S62年 北清水へ祭のための囃子の指導、 C★イベント参加S56年~ 山武農協祭~別紙参照~坂 田苑慰問までに参加、 ★、大会開催 鳥喰下太神楽保存会が中心に、S57年 ~H元年まで、鳥喰下ふれあい祭(所謂盆踊り)は、地 域住民の意識向上に大きく寄与してきたと想います。 しかし、消滅危惧団体の鳥喰下太神楽保存会について、 いや、この様な地域の伝統文化財は、行政として、時代 的役割が終わったと観るのか、地域活性化の資源と成り うるのか、 どの様に感じますでしょうか? 

 横芝光町無形文化財鳥喰下太神楽保存会

                 会長 齋藤 順一

https://www.youtube.com/watch?v=NFo9NJhKCRk

伝統文化とは、

伝統文化とは、世代を超えて受け継がれた精神で御座
います。

今後も、普遍的な価値と精神性、歴史的な存在意義とし
ての継承、伝承をしていかなければならないと強く感じ
ます。
 伝統文化の理解は最小単位として個人、個人の集合で
家、家の集合で地域社会その集合で国家へ そして国際
社会へと通じるものと確信致しております。
 又、異文化に対し協調し理解を高めることが重要と考
えます。
それには、まず自らの地域の伝統や文化を充分理解する
こと。そしてその様な町民の育成等により、国際社会に
通じる人材が必ず将来横芝光町の地域活性化の要の人材
になると確信致します。
横芝光町地域の伝統文化の資源活用を切望致します。
  以上で質問を終了とさせて頂きます。有り難う御座い
ました。

横芝光町無形文化財鳥喰下太神楽保存会

                 会長 齋藤 順一
https://www.youtube.com/watch?v=ucw4cZrskwM

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ