学問・資格

2017年10月27日 (金)

司法試験の方向性について

司法試験の方向性について
 近年の司法試験は、本当に易しくなったのか、

 司法試験の合格者は、昭和50年代には500人前後の数で合格率2%以下でしたが、
現在の合格者数は、1,500名以上の合格者が御座います。
このことは、ただ単に偏差値を下げ合格者の水増しを行ってのでしょうか?司法試験に
置いては、そのような結果ではないようです。

Imgp9710
 それでは何故質を下げずに合格者数を増やす事ができたのかを考えますところ、
1、合格枠制の導入(受験3回目内の優先)
2、試験の傾向の変化(法的知識量の試験から、論理的な思考力や文章力及び柔軟な
 対応力を試す試験)に方向性が変わったと言われております。

 今まで司法試験に合格できない多くの人たちは、記憶型中心の勉強方法でした、
最近は論理型への出題へと変化が生じていった為のようです。
例えば、「天皇は、刑事訴追され、刑事責任を問われない」文章が正しいか「正しい」
で正解。    最近の出題では、「天皇は、刑事訴追され、刑事責任を問われ得ない」
と出題された場合は、「得」一文字の増加で(まったく可能性が無いのかを考えて、
回答に至らなければ正解にならなく記憶と更に論理的解答を求めている様です)
この様な理由が、レベル低下を招くことなく試験の質の変化をさせながら、法曹人の
増員を目指していることが推察できます。

Imgp9709
 以上のように、以前の司法試験の合格者は記憶量、勉強量、近年の合格者と
比較致しますと以前の司法試験合格者の方が圧倒的に量は多いようですがしかし、
「論理的」「考える力」の学習では、近年の合格者の方が多いようです。
これらが、近年の司法試験の傾向のようです。

              参考文献 中央大学出版部 法律家をめざす諸君へ

 
                   平成29年10月27日(金)   齋藤 順一  
 

2017年3月30日 (木)

地方議会セミナーに議員有志3名にて参加

3月29日(水) 地方議会セミナーに議員有志3名にて参加致しました。

Imgp2918

Imgp2919

Imgp2930
午前 10:00~12:30
主催 地方議会総合研究所
会場 アットビジネスセンター池袋駅前別館 6F
演題 
「子育て支援と虐待防止」
講師 東京有明医療大学 千葉 喜久也先生

Imgp2922

Imgp2931

Imgp2933


   齋藤順一のめざすもの 高齢者福祉の充実より

Imgp2934

Imgp2937

   高齢者福祉、介護保険制度、オレンジプラン、介護予防等を
   しっかり勉強してまいりました。

午後 14:00~17:00
主催 地方議会総合研究所
会場 アットビジネスセンター池袋駅前別館 6F
演題 
「高齢者福祉と介護保険について」
講師 東京有明医療大学 千葉 喜久也先生

   今なぜ子育て支援なのか、虐待は何時でも起きる、
   虐待防止、子育て支援で未来の地域づくり等を、
   しつかりと受講致しました。

 

2014年2月11日 (火)

横芝光町学校給食センター運営委員会巡回給食のご報告

横芝光町学校給食センター運営委員会巡回給食のご報告

開催場所 横芝光町町立上堺小学校
日時 平成26年02月10日(月)12:00~
上記にて4回目の委員会巡回給食が、実施されました。

Imgp2066

 横芝光町学校給食センター運営委員会のメンバーは、
教育長、議員2名、小中学校長、各校のPTA会長
横芝光町学校給食センター長、教育委員会課長等で
構成されております。

 巡回給食目的は、児童生徒と共に給食をいただき、
実感として、給食等のニィズを感じ取り それらを、
的確に捕えて、反映させることを目的としております。

Imgp2068

 本日のメニユーは、ヒレカツ(匝瑳)、
ピリットサラダ(匝瑳・九十九里)、
マーボ豆腐(町内・県外)。ご飯(町内目篠産)
オレンジ[アメリカ)、牛乳
でした。(もちろん、放射能等検査も厳しく管理して
安全安心な食育を目指しております。)

Imgp2066_2

 今回は、横芝光町学校給食センター長と1年生15名
先生2名のクラスの皆さんと給食です。

 生徒の感想は、毎日大変おいしく頂いているとのことです。
私自身も、ご飯、ヒレカツ、ピリットサラダ、マーボ豆腐等
アクセントの効いた大変おいしい味付に感心しまた。

Imgp2068_2

 4回目の委員会巡回給食でしたが、特に感じましたことは、
学校によつて給食の時間の雰囲気がずいぶん変わるものだと
いう印象でした。各学校の自主性が感じ取れます。

以上で、
横芝光町学校給食センター運営委員会巡回給食のご報告といたします。

2013年9月11日 (水)

平成25年度 司法試験合格者 

祝 平成25年度 司法試験合格者 

法務省は10日、2013年司法試験に昨年より53人少ない2049人
が合格したと発表した。合格率は1・7ポイント上昇し26・8%で、
2年連続前年を上回った。政府は既に司法試験合格者数を年間3千人
とする計画を撤回。今後、大幅な増加はないとみられる。

 合格率の上位5校は(1)慶応大56・8%(合格者201人)
(2)東大55・2%(197人)(3)一橋大54・5%(67人)
(4)京都大52・4%(129人)(5)愛知大42・9%(12人)。
東海大、神戸学院大(募集停止)、姫路独協大(廃止)
は合格者ゼロだった。

 受験者数は昨年より734人少ない7653人だった。

 合格者は男性1572人、女性477人。平均年齢
は28・4歳で、最年長は57歳、最年少は20歳だった。
大学で法律を学んでいない人が中心の未修者コース
(3年)修了者の合格率は16・6%、既修者コース
(2年)が38・4%で、12年より差が開いた。

 一方、法科大学院を修了せずに受験資格を得た予備試験
通過者の受験は今年で2年目。167人中120人が
合格し、合格率は71・9%だった。

 司法試験は受験資格を得てから5年で3回までしか
受験できない。今年は1334人が3回目の不合格と
なり、受験資格を失った。

 政府は3千人にかわる適正な法曹人口を提言
するため、近く内閣官房に専門部署を設置し調査を
始める。合格率の低い法科大学院に、修了しても司法
試験の受験資格を与えないなどの法的措置を取れる制度
の創設や、司法修習制度の見直しなども検討する。

http://www.chugoku-np.co.jp/kikaku/shiken/Ks201309100003.html

(中国新聞 朝刊電子版ガイドより 転載)

合格者の皆様、おめでとう御座いました。

2012年10月16日 (火)

よくわかる市町村財政分析講座

『よくわかる市町村財政分析講座』終了のご報告

 主催  NOP法人多摩住民自治研究所
 時   平成24年10月13日(土)~14日(日)1泊2日
 場所  日野市富士町1番地 富士電機 能力開発センター
 講座名 よくわかる市町村財政分析講座
 講師  大和田 一紘 氏

Imgp0739

Imgp0736

先輩議員のお誘いで、よくわかる市町村財政分析講座へ参加させていただきました。
JR横芝駅8時45分の電車で、豊田駅~富士電機 能力開発センターへ参りました。
参加者は、北は、岩手県の北上市南は、九州の北九州市と全国より、(都、市、町、村議員)約70名ほどの受講者は、学習意欲満々です。(当町議員3名参加)

Imgp0732

Imgp0733

Imgp0734

(学習内容)
財政の5点セット 1、決算カード2、財政比較分析表3、歳入、歳出比較分析表
4、財政状況等一覧表5、健全判断比率・資金不足比率カード  
この財政の5点セットが、市町村財政分析に特に重要とのお話でした。

戦後の地方財政危機の歴史~地方分権の動き~歳入の仕組み~歳出の仕組み~
平成大合併と地方財政健全化法がもたらした地方財政の影響~此れからの財政運営と
財政民主主義の課題とハードな講義でした。(もう頭クラクラで、精一杯です。)

Imgp0741

(演 習)
「習うより慣れろ」の演習です。横芝光町の決算カードより(分析表)に書き込んでいきます。分析1 決算額の推移~分析10 地方交付税算定台帳と算定経費の経年的推移です
(ウーンこれはかなり難しい)

(おわりに)
今回の NOP法人多摩住民自治研究所主催のよくわかる市町村財政分析講座は、私にとって、非常に次元の高い講義内容でした。
40年前、財政学、統計学、経済政策論等はるか遠くに大学で履修済みのはずなのに、自分の学習意欲の無かった事を今更のごとく痛感いたしました。(後悔先に立たず)
最後に、終了証を参加者全員が頂きました。  ~~の全課程を終了されました。
 地方自治の発展の為、さらに尽力されますよう期待します。と記載が御座いましたので、
私も、今後とも地方自治の発展の為、さらに尽力いたします。
 以上で、よくわかる市町村財政分析講座受講のご報告といたします。

2012年5月25日 (金)

第一回横芝光町 寿大学 IT 中級講座 

平成24年5月24日(金) 10:00~横芝光図書館2F学習室にて

第一回横芝光町 寿大学 IT 中級講座 
 
今日は、寿大学の自主活動(コンピーユター部)に参加させていただきました。 講師は、山崎 幸宏先生 福元 省蔵先生を、押尾会長より紹介がございました。(22名の受講者です)

いよいよ寿大学ITの自主活動講座のスタートです。

Sany0643

横芝光町寿大学IT 中級講座 第一回の 学習内容は、
1、ワープロの機能 ワードの画面の基本的な使い方
  まず各自 あいうえお からの打ち込みのスタートです。
(私はローマ字入力を選択致しました)
  あいうえおかきくけこさしすせそたちつてと、、、、、、、
  次がメニューバー ・ツールバーの活用の方法です。

Sany0645

  作業例 (フォントHG行書体・斜体)
  横芝光町
 そしてタスクバーの活用等の詳細講義でした。

   その他の学習は、
 (画面の最大化・最小化の方法)
 (入力の変更) 
  (スクリーンセイバーの活用)等でした。

Sany0647

生徒全員が真剣にPC授業に取り組んでおられました。

次回講座は、6月8日(金)です。 楽しみです。

次回学習予定は、下記と成ります。
2、縦・横画き野文書作成
3、文章保存、印刷
4、文章作成例
5、クリップによる図形挿入の方法です。

追記  IT社会を深く考えますと、情報の公平とは何かを、考えさせられます。

     均しく町民に正しい情報伝達するには如何すればよいので

     しょうか?   情報の格差社会が間もなく訪れつっあります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ